08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-09-11 (Mon)
グッモニスタ


昨日は、神ってる話と副音声からGoingまで

一日中野球ずくしの亀ちゃん

(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪


神ってる話は

野球選手からいただいたお宝映像や

青いバッド専用ケース(25本のお宝)が映ったようですね

見たかったなぁ~~~O(≧∇≦)O

特に青いケースは初披露じゃない?

どこかでまたお披露目してほしいよぉ亀ちゃんm(._.)m


副音声は

地元トークだったようで楽しそう。。。

大山加奈さんのブログが更新されていました

副音声⚾
2017/9/10 17:36

‪副音声すっごく楽しかったー😆↑‬

‪地元トーク、‬
‪オンエアしてないところも‬
‪かなり盛り上がりました😆‬

‪今日は亀梨さん、中丸さんと‬‪
共演させていただいた‬
‪KAT-TUN dayとなりました!‬

‪デビュー前から‬
‪少クラみてた世代としては‬‪感無量です。。。‬

お会いするのは12年前のグラチャン以来で
今回たくさん絡お話させてもらった
亀梨さんいいひとすぎた💓💓

清水隆行さんもとっても素敵な方でした😄✨

江戸川区民でよかった笑。


少クラ見られていたんですね

12年前のグラチャンもいらっしゃって

なんか同世代の感覚o(^▽^)o

江戸川区の地元トーク聴きたかったなぁ。。。



Going

これはちゃんと見れましたよ(^o^)/

グラチャンのため30分遅れての放送

お疲れさまでした

2017.9.11 Going

耳かけ亀ちゃんかわいかったね

アップの顔が無かったけど

グラチャンでブラジルに1勝したこと言ってくれて

いつも前向きなコメントの亀ちゃんステキです

中田監督のファンなので(笑)

グラチャン応援していたけど、もうちょっとのところで残念

でも江川さんの言われるとおり頂点が見えてた感じがして

次に繋がるといいですねo(^▽^)o



文春の記事

文春?何事?と思いきや(笑)

阿久悠亀ちゃんの内容でした

立ち読みできずのままだったので

ネットに上がって嬉しかったですo(^▽^)o

亀梨熱演。昭和歌謡と『阿久悠物語』――亀和田武「テレビ健康診断」

『時代をつくった男 阿久悠物語』(日本テレビ)

source : 週刊文春 2017年9月14日号

この夏、テレビをつけると阿久悠の特番に遭遇することが多かった。今年は阿久悠の没後十年にあたる。

 日本テレビも『24時間テレビ』のドラマスペシャルで、『時代をつくった男 阿久悠物語』を放映した。主演が亀梨和也と知り不安を覚えた。亀梨はこれまでその年齢や容姿に即した青春ドラマを演じてきた。それが今回は大物作詞家の若き日から壮年期、そして初老までを演じる。

 これは博奕だ。さらに阿久悠と亀梨ではイメージが大違い。テレビに映る阿久は「パパの顔が怖い」と幼い息子が脅える迫力の人だった。あくまで爽やかでナイーブな亀梨君とは正反対の印象だ。

 そんな難役を、亀梨は熱を込めて演じた。最初のうちこそ肩に力が入りすぎ、観る側の私も緊張したが、結婚して子供も出来、仕事も成功をおさめる壮年期になるにつれ、役柄になじんできた。妻の雄子さんを演じた松下奈緒の安定感ある演技の貢献度大だ。それと親友の上村一夫(田中圭)にだけ見せる魅力的な笑顔が印象に残る。

 視聴率的にもドラマは成功した。ここからはアプローチの角度を変える。いまメディアが関心を寄せる阿久悠とは何者だったのか。ドラマの後半に至り、阿久は歌謡曲の第一線を退いていく。ヘッドフォンで曲を聴く時代になり「歌が変わってきた」と彼は悟る。みんなが一緒にピンク・レディーの曲を歌い、踊る光景は消えた。こうして“昭和の歌謡曲”の黄金時代が終息した。ドラマ制作者の意図は、ここにあるようだ。阿久の特集を組んだ雑誌やムックにもこうした発言は多い。

 私の解釈は異なる。阿久悠の以前には、じつは牧歌的な昭和歌謡の時代があった。大物歌手だけが君臨するのでなく、小ヒット歌手を愛する聴き手も数多くいた時代だ。

 阿久と『スター誕生!』はのどかな昭和歌謡の風景を一変させた。企画とプロモーションで、メガヒットを産みだす時代が到来した。家内制工業的な昭和歌謡は阿久という怪物(モンスター)に駆逐された。

 そう感じる私が『阿久悠物語』を熱心に観た。なぜか。私のツボを刺激する曲に近年幾度か出会った。「昭和最後の秋のこと」「水中花」。調べると、どれも作詞者は阿久悠だ。決して大ヒットはしないが、少数の聴き手の心を濡らすマイナーポエット的な資質あふれる曲も書いていた男。怪物=阿久悠は古い昭和のテイストあふれる詞の作者でもあった。



亀ソロコン

今日から大阪 2Days3公演

13日は滋賀公演

連チャンで大忙しだけど

副音声でフライングは命綱なしと言ってたようなので

怪我だけは気を付けてね

美味しいご飯いいっぱい食べて

睡眠も充分とりながらゆったりまったり過ごしてほしいです

亀ちゃんと皆さんが幸せで楽しい時間となりますように・・・

レポ楽しみにしています



ランキングに参加しています
励みになっていますポチッとしていただければ幸いです♡
ジャニーズブログランキング
【亀梨ソロコン~Follow me ~】
9月29日広島HBGホール 1400~ 2枚
定価+手数料でお譲りいただける方を探しています
お心あたりのある方ご連絡お待ちしております
スポンサーサイト
* Category : 亀梨和也・Going
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

かめたおは当然ですが、 * by 高さん
こんにちは〜「PとJK」のDVDの発売ですね、かめたおは当然ですが、やはり、高杉真宙さんも是非、注目して下さい。何しろ、今年だけで、「PとJK」は金髪、「RELIFEリライフ」は茶髪にピアス、「トリガール」は好青年のメガネ男子、「散歩する侵略者」は侵略者役、「逆光の頂」京都の高校生役と、同じ高杉真宙さんとは、思えないです。私は「トリガール」を見たので、違和感があります。

亀梨和也さん、やはり、気合いが入っているようですね。

高さんへ * by ショコラ
こんばんは!
PとJKのDVD楽しみですねo(^o^)o
発送メール来ましたから届くのが待ち遠しいe-266
高杉真宙くん、いいですよね
注目しておきま~す(*'▽'*)

コメント







管理者にだけ表示を許可する